NEWS    LIVE    DISCO    Online Store

NEWS


2019.7.27 中島らも没後15年ライヴ~うたっておどってさわいでくれ~


2019.6.22 早稲田大学オープンカレッジ


2019.5.25 NHKラジオ第2放送 音で訪ねるニッポン時空旅


2019.5.14 Moon Track vol.9


2019.5.4 NHKラジオ第2放送 音で訪ねるニッポン時空旅


2019.4.26 UNDP(国連開発計画)“AFRI-CONVERSE”


2019.4.20 NHKラジオ第2放送 音で訪ねるニッポン時空旅


2019.04.3 HAPPY AVENUE

女性が幸せになるメディア「Happy Avenue(ハッピーアベニュー)」で世界初の女性ニャティティ奏者・アニャンゴが紹介されました。https://happy-avenue.net/1379


2018.12.10 アニャンゴ新刊『ニャティティの歌』発売!

「ニャティティ」というケニアの伝統楽器で世界初の女性奏者となった著者アニャンゴ。
しなやかで前向きなケニアの人たちとの交流から知った人生の素晴らしさをニャティティの調べとともに綴った
8つの歌とエッセイ集。(詳細は、こちら)


"Anyango Live in Tokyo"



"Kilimanjaro" MV



Antelope Audio Japanのプロモーションビデオにアニャンゴが登場!



5th Album "Kilimanjaro" ハイレゾ音源 配信スタート!


LIVE SCHEDULE


2019.7.27 中島らも没後15年ライヴ~うたっておどってさわいでくれ~


2019.6.22 早稲田大学オープンカレッジ


2019.05.14 Moon Track vol.9


2019.4.26 UNDP(国連開発計画)“AFRI-CONVERSE”

UNDP(国連開発計画)では、今年8 月のTICAD7横浜開催に向けて日本国内で関係者及び関心のある団体・個人様の間でのネットワーキングと意見交換の支援を目的として、2018年6月より月例の対話イベント“AFRI-CONVERSE”を開催しています。今回は、アフリカの多様な文化を知り、楽しみ、そして交流する場として、「Africa’s Diverse Culture and Beauty: Sports, Fashion, Dance, and Music」をテーマに、駐日ケニア大使・アフリカ外交団メディア・文化・観光委員長であるソロモン・マイナ氏、世界初の女性ニャティティ奏者・日本ケニア文化親善大使のAnyango氏、「世界とつながるダンス教室」代表の中込考規氏、ファッションインダストリーからAALOWA代表のブッキー・アデジョビ氏、スポーツでアフリカ振興を支援する方(調整中)をお招きし、アフリカの多様な文化と魅力について話し合います。


2018.11.22 Anyango"Safari Night"Live

アフリカとアジアの旋風が邂逅する 新しい旅が始まる 詳細は→ http://anyango.com/live_schedule/


2018.10.20 第8回国際紅白歌合戦 特別ゲスト出演決定

ニャティティソーラン Anyango with 長野キッズ


2018.4.28 練馬文化センター ワンコイン・コンサート

世界唯一の女性ニャティティ奏者アニャンゴがお届けする、アフリカの魅力がつまった元気いっぱいのコンサート!サバンナの大地、ケニアの鼓動を感じてください。


2018.3.13 アフリカから元気をもらう会 Anyangoミニコンサート


2018.2.10 長野善光寺・灯明まつり出演


2016.12.7 Anyango ライブ in 岡山 Day2

Anyango × 大西まさや スーパー ケニアナイト2日目! 岡山が熱く沸き立つ!


2016.12.2 ハートフル人権コンサート

兵庫県「人権のつどい」でニャティティの演奏をいたします。兵庫県以外の方もご参加可能!入場無料です。残席僅か。


2016.12.2 Anyango ライブ in 神戸 


2016.11.6 Anyango & Latyr Sy African Night in OKINAWA

ケニア伝統弦楽器ニャティティの世界初女性奏者アニャンゴとセネガル出身のラティール・シーとの共演が沖縄で実現! カフェユニゾン通常営業中の開催となるので、美味しい食事と飲み物も一緒に楽しむことができます。さらに、イベントチャージ無料(投げ銭形式)となりますので、お気軽にご来店下さい。


2016.10.20 WORLD SPIRITS vol.1 世界を奏でる魂の響宴

韓国の伝統弦楽器奏者 ブルセチュル と Anyango の響宴


2016.9.3 Anyango live @The Alchemist Bar, Nairobi

9月3日(土)ナイロビの今一番熱いクラブの一つ、アルケミスト(ウエストランド)で、ケニア人&コンゴ人&日本人による新規結成アニャンゴバンドで、再びライブです!!ケニアで人気沸騰中のミュージシャンたちがアニャンゴバンドに参集してくれてます。ナイロビのみなみなさま、ぜひカモーン!!本気でおすすめです!アニャンゴバンドはトリとのことで、出演は多分22時とか、23時とか深夜になりそうです。お待ちしています! Everybody come on and join us!! Do not miss it!! Muthurukishion : Strings of The East


2016.8.25 Thursday Nite Live ft. Anyango – Direct from Japan!


MEDIA

2019.4.20& 5.4& 5.25 NHKラジオ第2放送 音で訪ねるニッポン時空旅


2019.4.3 HAPPY AVENUE

女性が幸せになるメディア「Happy Avenue(ハッピーアベニュー)」で世界初の女性ニャティティ奏者・アニャンゴが紹介されました。https://happy-avenue.net/1379


2019.2.14 Anyango ひかりTVチャンネル+に出演

国民的人気番組の司会でお馴染み、春風亭昇太の冠番組! 落語家達のまくら噺を元に異色ゲストと爆笑トーク!


2018.11.18  NHK WORLD RADIO JAPAN !出演

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。10月に開催された国際紅白歌合戦に出演したニャティティソーラン Anyango with 長野キッズについて紹介します。


2018.10.14  NHK WORLD RADIO JAPAN !出演

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。


2018.6.15 鎌倉FM 82.8MHz

ネット環境があれば世界中どこでも聴けますので、是非チェックしてみて下さい!

2018.6.10 FMヨコハマ 84.7

週末の心落ち着いた時間に、日本と世界を紡いできた文化の交流をひもときながら、世界の国々や人々との心の距離を近づける新番組。


2018.5.22 NHK WORLD Japan

世界160か国に向け放送されている15分のインタビュー番組にAnyangoが出演します。


2018.5.13 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。


2018.3.4 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。


2018.3.1 エフエム横浜


2018.2.4 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。


2018.1.7 & 1.14 NHKラジオ第2放送 音で訪ねるニッポン時空旅


2018.1.7 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。


2018.1.1 &1.2 NHKラジオ第2放送 音で訪ねるニッポン時空旅


2017.12.3 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。今月のテーマは「年越し」です!


2017.7.16 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。 今月のテーマは「伝統のお祭り 世界編」です!


2017.7.2 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。 今月のテーマは「伝統のお祭り」です!


2017.6.30 かわさきFM(79.1 MHz)に登場

6月30日(金)午後16:15-16:45 頃アニャンゴがかわさきFMラジオに生出演します。お近くの方、ぜひチューニングをあわせてみてください!
また、サイマルラジオ(ネットラジオ放送)でもお聴きいただけます。詳しくは、かわさきFMホームページをご覧ください。
http://www.kawasakifm.co.jp


2017.6.4 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。 今月のテーマは「水」です!


2017.5.7 NHK WORLD RADIO JAPAN !

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組です! NHK WORLD RADIO JAPAN 第2回目の放送はこちら。


Anyangoのレギュラー番組がスタート!

4月より、NHK WORLD RADIO JAPANにて、Anyangoのレギュラー番組がスタートします。放送回は毎月第一週目の日曜日。スワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組です!毎回いろんな曲をお届けします。


2017.3.15 ラジオ日本(AM1422kHz)「新東京商店街」


2017.1.29 NHK WORLD RADIO JAPAN に出演


2017.1.2 毎日放送(TBS系列)新春特番『2017年実はこの人…世界オンリー1』に出演


NHKラジオ 音で訪ねる ニッポン時空旅

NHKラジオ第2 『音で訪ねる ニッポン時空旅』の収録でした! 今回のテーマは「かけうた」と「花祭り」。Anyango がケニアの村で体験したニャティティの腕を競う真夜中の大会に参加した時のエピソードや、精霊をおろす太鼓軍団の儀式に参加した時のことなど語ってます。ぜひお聴きください!


2016.10.7 NHKラジオ第1「ごごラジ!」にAnyango生出演


2016.9.14 NHK BS1 国際報道2016 WORLD LOUNGE 出演


2016.9.10 毎日小学生新聞に掲載


2016.8.27 TICADⅥで演奏, Nairobi


2016.8.26 野口英世アフリカ賞レセプションパーティーで演奏, Nairobi


2016.1.3 朝日新聞日曜版「GLOBE」に掲載


DISCOGRAPHY


Anyango Kenya Best

Anyango Kenya Best (CD)

サバンナの大地から直輸入! アニャンゴ・ケニア・ベスト盤! アフリカが歓喜した、現地ミュージシャンとの新録コラボ曲も収録!(詳細は、こちら)

  • 品番:JOWI-010
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格:3,241円+税
  • 発売:2017年1月1日(日)

itunes


Nyatiti Soran 2020

Nyatiti Soran 2020 (CD)

運動会の演目はニャティティソーランできまり! ニャティティソーランは、ケニア・ルオー民族の伝統楽器「ニャティティ」と、日本の「よさこいソーラン」が融合して生まれた踊りです。アフリカ特有の魂を揺さぶるようなリズムに自然と心も体も動き出します。踊っている人も周りの人も元気になる楽しいダンスです。

  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格:1,500円(税別)
  • 発売:2017年4月1日(土)
  • 演奏: ANYANGO

itunes


Anyango Live in Tokyo

Anyango Live in Tokyo (DVD)

トラディショナルを超越し,World music シーンに新風を吹き込む Anyango の魅力満載の65分間。Aska Kaneko,Nori Shiota,Latyr Syといった世界的ミュージシャンを迎え入れ, 西洋楽器とアフリカ楽器の織りなす斬新なコラボレーションは革新的サウンド ! 特典として Anyango が新しい境地を切り開いた MV「Ogwang」も収録。(詳細は、こちら)

  • 品番:JOWI-V009
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格:3,500円(税別)
  • 発売:2016年8月7日(日)
  • Musicians:Anyango Vocal,Nyatiti /
    Aska Kaneko Violin /
    Nori Shiota Bass /
    Latyr Sy Percussions

amazon


Anyango Savanna

Savanna(CD)

Savannaを聴く。心のドアを開ける。Savannaを聴く。目を閉じる。息を深く吸い込み、音に体を委ねる。ナイロビの雑踏、サバンナを行くエレファント、スコールの後の大地の芽吹き。フラミンゴ、沈んでいく夕陽、闇夜に浮かぶ巨大な満月。そして魂が、自由な旅に出る。(詳細は、こちら)

  • 品番:JOWI-008
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格:2,000円(税込)
  • 発売:2015年10月18日(日)

itunes


Anyango Kilimanjaro

Kilimanjaro(CD)

ニャティティに出会って10年、アフリカのルーツ音楽とエレクトロニカの融合。自由で斬新な音楽的実験に挑みながらも、伝統楽器ニャティティの響きと透明なVOICEとヴァイリンの織りなす美しい世界。(詳細は、こちら)

  • 品番:JOWI-007
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格:2,500円+税
  • 発売:2014年9月28日(日)

itunes


ALEGO ~ニャティティの故郷~

ALEGO ~ニャティティの故郷~ (CD)

師匠オクム・オレンゴに捧ぐ初のセルフプロデュースアルバム。アニャンゴが初めてALEGOの地に立ってから8年、ニャティティの原点に戻った渾身のオールアコースティック・ソロ・ミニアルバム。
(詳細は、こちら)

  • 品番:JOWI-006
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格(税別):1,500円
  • 発売:2013年10月6日(日)

itunes


声をきかせて

声をきかせて (CD)

ケニアから日本、日本から世界へと活動を広げて行く、アニャンゴの東日本大震災応援ソング「声をきかせて」。 フルバンドによる演奏とニャティティミックス。さらにはカラオケまでついた豪華特典映像付きCDエクストラで登場。

  • 品番:JOWI-004
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格(税別):2,000円
  • 発売:2011年10月16日

itunes


Teï molo

Teï molo (CD)

サリー・ニョロの大胆かつ複雑なビクツィグルーヴとアニャンゴのケニア仕込みのニャティティグルーヴに、透き通るボーカルがのり、ワールドミュージックの新しい伝説がここに誕生。(詳細は、こちら)

  • 品番:JOWI-003
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格(税別):2,800円
  • 発売:2011年9月25日

itunes


HORIZON

HORIZON(CD)

ANYANGO率いるNyatiti Warembo!!の幾重にも重なるコーラスが強力にパワーアップ! バンドスタイルのリズムセクションを従えて、厚みを増すグルーヴは更に加速する!!(詳細は、こちら)

  • 品番:JOWI-002
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格(税別):2,800円
  • 発売:2010年5月30日

itunes


Nyatiti Diva

Nyatiti Diva (CD)

待望のソロアルバムがついにリリースされた。ニャティティのグルーヴとAnyangoアニャンゴの突き抜ける歌声があなたの魂を揺さぶる!(詳細は、こちら)

  • 品番:JOWI-001
  • 販売元レーベル:JOWI music
  • 価格(税別):2,800円
  • 発売:2009年9月20日

itunes


BOOK


ニャティティの歌

「ニャティティ」というケニアの伝統楽器で世界初の女性奏者となった著者アニャンゴ。
しなやかで前向きなケニアの人たちとの交流から知った人生の素晴らしさをニャティティの調べとともに綴った8つの歌とエッセイ集。

  • アニャンゴ著
  • 定価:1,500円(税別)
  • 発売日:2018/12/10
  • 単行本: 80ページ 
  • 出版社:学芸みらい社
  • ISBN:978-4908637940

Amazon

B05-1.jpg


翼はニャティティ 舞台は地球

誰もがみな、道なき道を歩んでいく。
「世界中に出かけていってこの楽器を奏でてきなさい。私が行けない所まで、あなたが行って……」
ケニア、フランス、イタリア、ドイツ、福島、NY、そして……
師匠の想いをのせて、私は今日もニャティティを弾く。

  • アニャンゴ著
  • 定価:1,500円(税別)
  • 発売日:2013/12/12
  • A5判:128ページ(巻頭カラー48ページ) 
  • 出版社:学芸みらい社
  • ISBN:978-4-905374-30-5 C0095

Amazon

B04.jpg


BIOGRAPHY


東京生まれ。アフリカの音楽に魅了され、単身ケニア奥地の村で修業し、現地でも限られた男性だけに演奏が許されているニャティティの世界初の女性奏者となる。日本国内だけでなく、アフリカ、ヨーロッパなどでも広く演奏活動を行っている。Anyangoとはルオ語で、「午前中に生まれた女の子」という意味。日本ケニア文化親善大使として、日本全国各地の小・中学校で公演も行っている。


2005年、単身ケニア西部の村に住み込み、ルオ民族の伝統弦楽器であるニャティティの修業をする。ケニアの国立劇場ともいえる「ボーマス・オブ・ケニア」でケニア建国以来初の外国人によるライブパフォーマンスを行う。

2007年、ケニア国内で一躍有名になり、数々のテレビ・新聞・ラジオに出演。国連主催のSTOPエイズコンサートでは、5万人を前にライブをする。

2008年5月のTICAD(第4回アフリカ開発会議)の式典で、アフリカ各国の大統領、首脳人の前で演奏。

2009年7月、『ニューズウィーク』誌の「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。8月、『夢をつかむ法則』を出版。9月、ファーストアルバム「NyatitiDiva」をリリース。タワーレコードワールドミュージックチャートで1位となる。

2010年5月、セカンドアルバム「HORIZON」をリリース。バイオリニスト、葉加瀬太郎氏のレコーディングに招聘され、世界初のニャティティによるクラシック楽曲のレコーディングを果たす。8月、FUJIROCKに出演、ワールドミュージック部門のベストアーティストに選ばれる。

2011年、フランスにてライブ公演。7月、シングルCD「声をきかせて」をリリース。同日、2冊目の本となる『もっと、遠くへ』(学芸みらい社)発刊。9月、サードアルバム「Teïmolo(テイ・モロ)」をリリース。11月、テレビ朝日「徹子の部屋」出演。

2012年、フランスにてライブ公演。8月、3冊目の本となる『アニャンゴの新夢をつかむ法則』(学芸みらい社)出版。

2013年、フランス、イタリア、ドイツ、ケニア、NYにてライブ公演。10月、TV東京「クロスロード」に出演。4枚目のソロアルバム「ALEGO~ニャティティの故郷~」をリリース。12月、4冊目の本となる『翼はニャティティ舞台は地球』(学芸みらい社)を出版、アマゾン売上ランキング1位を記録。

2014年、フランス、アメリカ、ミャンマー、ケニア、ウガンダ等にてライブ公演。9月、5枚目のソロアルバム「Kilimanjaro」をリリース。

2015年8月、戦後70年に東京・広島・長崎で開催された「国連合唱団 平和と希望のコンサート」にゲスト出演。10月、6枚目のソロアルバム「Savanna」をリリース。

2016年8月、DVD「Anyango Live in Tokyo」リリース。ケニア、タンザニアなど東アフリカ4カ国にて、ベストアルバム「The Safari of Eriko Mukoyama」(Anyango Kenya Best)をリリース。ケニアにて開催されたTICADⅥの式典および野口英世アフリカ賞レセプションパーティーにて演奏。9月、NHKーBS1国際報道2016「WORLD LOUNGE」出演。

2017年1月1日、ベストアルバム「The Safari of Eriko Mukoyama」(Anyango Kenya Best)を日本国内でもリリース。1月2日、毎日放送(TBS系列)新春特番「2017年実はこの人…世界オンリー1」に出演。NHKラジオスワヒリでレギュラー出演中。

2018年12月10日、ケニアの人たちとの交流から知った人生の素晴らしさをニャティティの調べとともに綴ったエッセイ集『ニャティティの歌』を発刊。



Nyatiti(ニャティティ)


ニャティティは、ケニア・ルオの伝統弦楽器。もともとルオ民族の選ばれた男性だけが演奏することを許された神聖な楽器だった。アニャンゴこと向山恵理子は、単身ケニア奥地の電気も水道もない村に住み込みニャティティの修業をし、ニャティティの習得と演奏を許された世界初の女性となった。


ギターは外側に表面を向けて抱えて弾くが、ニャティティは表面を自分の体に向けて、楽器と向き合って弾く。演奏するときは、地面に置いて、自分も低い椅子に座って、身体とは少し離して弾く。右足首につけている鉄の鈴は「ガラ」、右足親指にはめている鉄の輪は「オドゥオンゴ」と呼ばれている。ガラを鳴らし、オドゥオンゴをニャティティの木のへりにゴツゴツとあてて、リズムを生み出す。ヴォーカルとストリングス(弦楽器)とパーカッション(打楽器)の三つの仕事を同時にこなさなければならない。

ニャティティは、別名「カンバナネ」ともいう。スワヒリ語でカンバ(糸)ナネ(8)。つまり、「8本の弦」という意味である。大きさは、アコースティックギターより2周りくらい小さなサイズで、胴の部分はイチジクなどの木をくりぬき、半球状になっている。半球の面の側には、牛の革が張ってある。
弦は8本の釣り糸(ナイロン弦)でできており、太さは三種類。昔は弦にメス牛のアキレス腱を使っていた。ビーンビーンと長く、渋く響く音の秘密は、サワリの部分。細い竹のようなもの(ヨシ)2本と木片が蜜蝋(みつろう)で止めてある。

ルオの人たちにとって、「男性の生まれる時の4日間、亡くなってからの4日間」は特別な意味があるという。ニャティティの弦の下4本は生まれる時の4日間を表し、上4本は亡くなった時の4日間を表している。この楽器がニャティティと呼ばれるのは、ルオ語がネイティブの人には、下から数えて2、3、4本目の弦を順に弾くと、「ニャ、ティ、ティ」と弦がしゃべっているように聞こえるからなのだそうだ。


CONTACT


アニャンゴ事務所 JOWIエンターテイメント